社畜サラリーマンが自由を手に入れるための思考法

FreeWork FreeLife

著者プロフィール

2018年2月14日

オンライン世界のビジネスと消費者意識の変化

インターネットの世界にはたくさんのビジネスチャンスが派生します。
そしてその流れに乗れないビジネスは、時代の変化に取り残されてしまうかもしれません。

インターネットの発達で生活はどんどん便利になり、楽しみも増えています。
家から一歩もでずに利用できる娯楽も増えました。

LINEやFacebook、InstagramなどSNSが発達したおかげで、友達や家族とコミュニケーションが簡単にとれるようになりました。

しかし、この様な「楽しくなった、便利になった」面だけをみていると、21世紀のオンライン世界の発展がもたらす「ビジネスとしての可能性と脅威」を見落としてしまう事になります。

インターネットの発達で、消費者の意識もどんどん変わります。

ヤマダ電機やビックカメラで電化製品を見つけても、その場では買わずに価格ドットコムで最安値を探す。

Amazonで購入したら自宅まで届けてくれるので、わざわざリアルな店舗まで出かけるのは面倒くさい。

これまで映画館やレンタルビデオショップで借りて観ていた映画も、インターネットでダウンロードする。

ファションサイトで複数のブランドの似たような服のデザインや価格を比較して、何を買うかある程度決めてからお店に行く。
そのうちお店にも行かなくなって、服も全部ネットで注文する。

そうなってくると、町の喫茶店ですら、インターネットマーケティングをしなければやっていけなくなる日が来るかもしれません。

マーケティングというと難しいかもしれませんが、一言で言えば情報発信です。

「こんな場所で、こんなコーヒーが飲めますよ!」
「朝9時から夜20時まで営業してますよ!」

これも立派な情報発信です。
最低限ではありますが、何もしないよりはましです。

例えば、あなたの家の近所に喫茶店があったとします。

その喫茶店が何もしなければ、お店に来るのは近所の人だけでしょう。
でも、もしそのお店がインターネットで情報発信をはじめたら、状況は一変します。

例えば、グルメサイトやブログに
「うちのコーヒーは、こんな豆を使って、こんな淹れ方をして〜」
「喫煙席があります!」「禁煙席もあります!」
「他の店より安いです」
「店内はこんな感じで、おしゃれで、ゆっくりくつろげます」
「近所に大きな公園があってデートにぴったり」
(喫茶店がデートにピッタリかどうかはわかりませんが)

こんな情報をインターネット上に発信するだけで…
不特定多数の人がそのお店の存在を知る。
その人たちの「行ってみたいな!」という感情を刺激できる。
これだけで来店する可能性のある人の数がぐっと増えますよね。

しかも、それにかかるコストはほぼ無料でできてしまいます。

21世紀は、オンライン世界抜きでビジネスはできない時代

喫茶店を例にお話ししましたが、これは全ての業種に言える事です。

インターネットを上手に利用する企業やお店が、大きなチャンスを手にする一方で、それに乗り遅れた会社やお店は、消費者に存在すら気付かれなくなるかもしれません。

インターネットを使う消費者の意識が変われば、
「何となくあそこで買うのが常識だから」と利用されていたお店やサービスが、あっという間に見向きもされなくなる事もあります。

都市部にお店を構えて、スタッフを雇ったら、それだけでかなりのお金がかかります。
さらに家賃、光熱費、人件費…その他色々なお金がかかります。

しかし、インターネット上なら、効果の高い宣伝サイトブログなど、多くの人にアプローチするビジネスの基本的な枠組みを、最低限のコストで作り上げる事が可能です。

浮いたコストでサービスの価値を上げたり、様々な工夫までできるのですから、リアルな世界のビジネスだけを行っていては敵うわけがありません。

私が勤め人をしていた時代の知り合いには、リアルな実業の世界で店舗経営や起業に挑戦する人がたくさんいましたが、ほとんどが失敗していました。

一方、私はインターネットビジネスで収益をあげ、現在も順調です。
実業の世界で失敗した人達と自分を比べて、別に私の方が忍耐強いわけでも、それほど才能があったとも思えません。

違いと言えば、インターネットを使ってビジネスを始めただけの事。

そして、そのインターネットの強みをフルに生かしてローリスクハイリターンでビジネスを始められた事が、現在の悠々自適な生活を手に入れることができた理由だと思います。

最後に

これまでの話を通じて、私が伝えたかった事をまとめますと、
「一度きりしか無い人生、もっと自由でいいじゃないか」という事です。

ここ数年で発達したインターネットの力を使えば、

□会社員をしながら空いた時間で月に数十万円のお金を稼ぐ。
□自分の好きなことにもっとお金と時間を使う。
□両親や家族、彼氏、彼女に楽しみや贅沢な時間をプレゼントする。
□大切なひとの時間をたくさんとって、思い出を一杯つくる。
□旅行、食事、買い物を満喫する。
□誰にも雇われずに、自分の力で生きていく。
□自分の時間とお金、人生を自分でコントロールする。

そんな事が、簡単にできてしまいます。

私は、知識経験ゼロで、ガイドしてくれる先輩もいないままインターネットビジネスの世界に飛び込みました。

今も、好きな事だけをしているだけでビジネスの幅はどんどん広っていき、収入だって、毎年右肩上がりです。

世の中の会社がどれだけスリム化しても、年金が無くなるなんて話を聞いても
将来のお金の心配はありません。

私には、自分の力でお金を生み出す知識と資産があるからです。

そして、私がインターネットビジネスを始めた頃と比べてみたら、インターネットの世界は、本当に便利になりました。

プログラミングなんかできなくても、プロがデザインしたような美しく綺麗なサイトがツール一つで作れて、ビジネスに必要な仕組みもほとんど無料で手に入ります。

21世紀は、インターネットをはじめとする技術発展の流れにうまく乗れるかどうかで全てが決まってしまうと言っても、過言ではないのです。

もし、あなたがこのまま何も考えずに、ただ会社の仕事をこなしているだけでは、21世紀を生き残る本質的なスキルも資産も身につくことは無いかもしれません。

だからこそ、視点を会社以外の広い世界に向ける必要があります。
具体的に注目する必要があるのは、現在拡大し続ける、オンライン(インターネット)の世界です。

さらに言えば、オンライン(インターネット上)で、自動的にお金を生み出し続ける自動販売機のような“資産”を築いている人々。

彼らがどうやってそんな「時間的自由」「精神的自由」「経済的自由」を実現したのかを観察し、真似してしまえばいいのです。

インターネット業界で生まれた言葉に「ライフハック」という言葉があります。
様々なテクニックや道具を使って、「徹底的に効率的に、ラクに、おしゃれに」生産性の高い生活をするという様な意味の言葉です。

これからは、21世紀型ライフスタイルを実現するのに、夜遅くまで勉強したり、血の滲むような努力をする必要はありません。

既にインターネット上に溢れている成功者たちの情報を、上手に“ハック”して利用してしまえばいいのです。

そうすれば、あなたが私のような、
「時間的自由」「精神的自由」「経済的自由」を実現した毎日を送るのも、そう遠くはないでしょう。

Amazonランキング
1位獲得記念

トップに戻る