社畜サラリーマンが自由を手に入れるための思考法

FreeWork FreeLife

うちの会社はこんなブラック企業です

2017年10月11日

今日も読者からの体験談をご紹介します。
彼は25歳とまだ若手ではあるのですが、彼よりも若いであろうアルバイトの方が給料が高いという事実には驚愕しました。
正社員という制度は、会社の都合によってどうとでもなってしまう一例ですね。

男性25歳 商社(鉄鋼)

私は鉄鋼関係の商社で働いています。
勤続年数は2年目になります。
朝は7時前には出社し、夜は7~8時に退社します。

時には夜11時退社もあります。
自社の勤務時間は9~17時ですが、残業代は一切出ません。
毎月残業時間は100~200時間を要します。

また、土日はゴルフコンペや工事立ち合いなどプライベートに時間を費やすことも出来ません。
最近休暇を取ったのは2か月前です。

近頃ようやく土日の休日出勤申請ができるようになりましたが、
上司の中には振替休日の取得を積極的に進めてきます(課長で残業代が付かなくなったので)。

一時、ふと自分の時給はいくらなんだろうと思い計算した所、552円であることが分かり、
アルバイトより低い給料をもらって、朝から夜まで何をしているんだろうと思い、日々転職を考えていました。

今は同期が退職し、グループの人数が減っているので、ありえないほどのタスクが降ってきます。

上司は直行直帰でいなくなり、事務員も我関せずみたいな顔をしているので、誰にも任せられません。
その上、「営業成績を上げてこい」「事務処理は夜でも深夜でもやれ」と日中は外回りに強制的に出されます。

上司は直行直帰なので、一日1件まわるくらいです。
日中すべて1件のお客様に時間を使っているとは思いません。
確実にさぼっているはずです。

その上、「見積もりを作成しろ」「納品をしてこい」など、数多くのお使いを頼んできます。
正直同期も多大なタスクをこなしきれなくなり、精神的に弱って辞めました。

もちろん、ミスをしたら怒鳴られ、罵倒されます。

部下が成長出来る環境は私の会社にはありません。
私もストレスが原因で過食症になり、入社してわずか2年で20kg以上体重が増えました。

中学の同級生にあったりした際は非常に体のことを心配されます。
上司は残業代も出ないなか平社員時代を過ごしたので、部下の私たちが残業代を申請することで嫌悪感を示すのは理解できます。

しかし、現代社会ではそんなことは通用しないと思います。
働いた分会社から対価を得るのは正当な事で、会社員に与えられた権利だと思います。

せめて、仕事は会社の存続の現状の量は行う必要がありますが、
残業見込みで月収に上乗せしてほしいです。

ただ、最近は少しでも収入を上げるために副業も始めました。
社員を駒のように扱う会社なんて、いつまで存続するか不明なので、副業をしながら今後の方向性を吟味していこうと思っています。

入社当時は、もっと切磋琢磨しながら成長していける会社だと想像していましたが、
それは間違いだった様です。
今では、身体がおかしくなるまで働かされる社長にイエスマンの奴隷部隊だと感じています。

Amazonランキング
1位獲得記念

トップに戻る