社畜サラリーマンが自由を手に入れるための思考法

FreeWork FreeLife

  • サラリーマンの将来に不安を感じる

    男性 29歳営業職 サラリーマンをしていると将来に対して不安があるのは少なくないと思います。 自分の働いている会社が傾けばリストラに遭う確率も高くなりますし、会社の給料のみの収入ではサラリーマンはいつ仕事がなくなるか分からないのが現状です。 せっかくいい高校、いい大学を卒業して大手企業に入社出来たとしても、数年後数十年後、会社が生き残っているなんて保証…続きを読む

    2017年11月21日
  • 地獄の広告代理店時代

    男性 34歳広告代理店メディアプランニング まだ新人の頃、大手広告代理店のメディアプランナー(媒体担当)として、サラリーマンという名の奴隷体験をしてきました。 新人は仕事ができないからという理由で、その代りに夜の付き合いから休みの日の上司のプライベートまで、 なんでも付き合わされて、付き合わないという選択肢はないという扱いを受けていました。 …続きを読む

    2017年11月21日
  • 派遣制度の実態

    男性 43歳 物流倉庫業 私は物流会社退職後に職業訓練校に通うなどして全く違う業種に行きたいというのがあったのですが、職業訓練校には一定期間の間に就職しなければいけないルールがあった為、前職の経験を生かした派遣会社での労働をすることになりました。 この派遣会社での労働は、単純に職業訓練校の先生が提案してくれたところでしたので、仕事内容と時給だけで決めまし…続きを読む

    2017年11月20日
  • 子供と奥さんと仕事

    男性 31歳 卸売業 気がつけばいつも同じ日常を繰り返している。 もっと眠っていたい気持ちを抑えて起床し、ダラダラと陰鬱な気分を背負って職場へ行き、 とりあえずデスクに座っていつもの作業を始める。 やりたくないもない仕事を押し付けられては 「進捗はどうか」「やり方が悪い」「急げ」と文句が飛んでくる。 遅くまで仕事をして、休みの日も仕事をして、…続きを読む

    2017年11月17日
  • サラリーマンをもし辞めたら…

    男性 31歳 事務職 一人でできる仕事に就きたいと思うことがよくあります。サラリーマンという仕事は社会の歯車に喩えられますが、最初から歯車の形をしていない人間はありのままの自分を砕いて形を歯車に整えるしかないんですよね。 ありのままの自分で生きられる職業に憧れます。実現可能かどうかは別として、妻の実家が地方の山奥なので良い土地があれば農家にでもなってみたいと…続きを読む

    2017年11月16日
  • 今までと違った生活をしてみたい

    男性 36歳 事務職 会社員、サラリーマンという職業は、毎朝同じ時間に起きて混んでいる電車に揺られて職場に向かいます。 そして職場で決まった仕事を、決まった時期に行い定時になって仕事が終わればまた、 満員の電車に揺られて家に帰り着くの繰り返しです。 仕事が終わって家に帰る平日は正直、家についてから何かしたいと思うことはほとんどありません。 一人暮ら…続きを読む

    2017年11月16日
  • 社会・企業に対する私の不満

    男性 30歳 小売業 【1.新卒優遇はおかしい!】 私が今の社会に対して不満がある事1つ目は「新卒優遇の社会」です。 日本はアメリカと違って新卒に対して物凄く甘いです。多くの大企業は「新卒しか取りません」というスタイルを取っているのも、かなり腹立たしい物です。 新卒の人は確かに若いですし、体力もあります。しかし、就職氷河期のせいで就職活動に失敗した中の人にも…続きを読む

    2017年11月16日
  • 人間関係が悩みだったサラリーマン時代

    男性 37歳 ITサービス業 若い頃とある会社に就職した私は、サラリーマン生活を続けていました。 仕事内容は、コンピュータがたくさん置かれたルームにこもってそれらを監視する仕事でした。 胸躍らせてサラリーマン生活をスタートさせた私にとっては 少し拍子抜けしてしまうような簡単な仕事でしたが、それでもきちんと責任感を持って仕事に取り組んでいました。 そ…続きを読む

    2017年11月16日
トップに戻る